FC2ブログ

クリスタルクララとおいしい水 > スポンサー広告 > CDジャケット作成のパターン

クリスタルクララとおいしい水 > クリスタルクララ > CDジャケット作成のパターン

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスタルクララ

CDジャケット作成のパターン

一番多いCDジャケット作成のパターンは、一枚の紙を半分に折って四面に印刷するタイプのようです。
中の面にイラストや写真を載せなければ4曲分くらいまで歌詞が載ると思います。
ですので、カップリング曲の歌詞まで載せても、このCDジャケット作成のパターンなら十分です。
このCDジャケット作成のパターンは、作成にかかるコストもリーズナブルなのでインディーズの方や記念にCDを作りたいという方にオススメです。
このCDジャケット作成のパターンになってくると、ページ数はかなり多めになってきますね。
問題はこのCDジャケット作成のパターンにする場合のコストです。
4ページタイプ以上ですと製本加工が必要になってくるので加工料金は高くなってしまいます。
インディーズの方たちは機材やスタジオ代などにもお金がかかるでしょうから、CDジャケット作成はよく検討した方がいいと思います。

どうしてもページ数の多いCDジャケット作成のパターンがいいという方は、印刷の方でコストを削ってみてはいかがでしょう?
一部、あるいは全面をモノクロのCDジャケット作成のパターンにすることで、作成費用はかなり削減できると思います。
ちなみに、パンク系にはモノクロのCDジャケット作成のパターンが人気だとか。
プロの方でもわざとモノクロのCDジャケット作成をしている方が結構いますよね。
あなたの予算とCDに収録している曲数やジャケットのデザインに合わせて、そのCDにピッタリなCDジャケット作成のパターンを考えましょう。
また、一度に刷る部数によってもCDジャケット作成の値段が安くなったりするそうです。
とりあえず100部印刷して、売り切れたからもう100部! というよりは、売れる見込みがあるなら一気に200部印刷した方がCDジャケット作成費用はお得だということです。
スポンサーサイト

<<CDジャケット作成デザインの工夫クリスタルクララとおいしい水CDジャケット作成のREC Musician>>

<<CDジャケット作成デザインの工夫クリスタルクララとおいしい水CDジャケット作成のREC Musician>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。