FC2ブログ

クリスタルクララとおいしい水 > クリスタルクララ > ゴルフスイングの自己診断ポイント

クリスタルクララ

ゴルフスイングの自己診断ポイント

それだけ、ゴルフにおいてゴルフスイングは、永遠の課題であり、ゴルファーの悩みの種なのであろう。
止まっているボールを打つゴルフスイングと、向かってくるボールを打ち返す、野球の「バットスイング」は、一見全く違うようだが、突きつめると共通点がある。
先ず、自己診断をしっかりして、完成度の高いゴルフスイングを目指していただきたい。

ゴルフスイングの診断は、他人の目で判断しなければならない。
自分のゴルフスイングを、ビデオに撮って見てみるという手もあるが、自己診断だと、どうしても甘くなり意味がない。
スランプに陥っていても、自己診断ができていれば、脱出するのが早いだろうし、ゴルフスイングの安定感が変わっていくだろう。
地道にゴルフスイングを繰り返すうちに、何かヒントが掴めるものだ。
ゴルフスイングの理想は、「毎回同じスイングができる」ということだが、これができれば、ボールを目的の位置へ正確に飛ばすことが可能になる。
練習場で素振りをしている時は、一定で安定したゴルフスイングできるのに、いざ、コースに出ると自分のスイングができなくなってしまう。

ゴルフスイングは、ある意味生き物だと言える。
だからこそ、ゴルフスイングを追求するすべてのゴルファーは、診断の基準を明確にしておくべきなのである。
そんな時には、自己診断をしっかりして、完成度の高いゴルフスイングを目指して、ゴルフスイングの修正をすればいいのである。
客観的に指摘してくれる「他人の目」は、あなたの見過ごしているゴルフスイングの盲点を、明確に指摘してくれるはずだ。
鍛錬と精進を怠らず、あなたのゴルフスイングの診断を確立して、シングルプレイヤーを目指していただきたい。
スポンサーサイト



<<ゴルフスイングの秘伝クリスタルクララとおいしい水ゴルフスイングの基礎>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)